トップイメージ

一般的に任意保険というものは強制保険になっている自賠責保険とは違い、自賠責保険では補いきれない部分の補償を考慮している必要性の高い保険です。

これは任意保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上乗せという役割で機能しますので、自賠責保険で補える支払い限度額を上回った際に働きます。

さらに、自賠責保険の中では対物損害については補償を受けることができないのでそれをカバーする際には入る必要があります。

既に任意保険を支払っている車を乗り換える時は日本の車とかイタリア車というようなことは例外なく残存金額が還付されます。

国内メーカーの自動車を査定に出す場合でも例外ではありません。

自賠責保険の場合通常かけたままにしておくのが通例になっていますが任意保険の場合は全ての人が加入するものではないので、解約になります。

そして、任意保険を解約後はすでに 納めている返戻金が返ってくるということになります。

自動車売買が成立したからといってすぐに任意保険をキャンセルすることはリスキーです。

当たり前ですが早くキャンセルすればそれだけ還付される金額は多くなりますが、もしも自動車店が遠方にあるため、自分で運転していくということになった際は任意保険に加入していない状態で自動車の運転をすることになります。

万が一のリスクを想定して絶対今後車の運転をしないという状況にするまで任意保険の中途解約の手続きはすることがないようにしなければなりません。

車を処分してすぐに違う車種を買う場合ならば問題ないでしょうがもしもしばらく車の運転をしない状況が続いて保険に加入している意味がなくなってしまったらこうした任意保険に入っていない時が存在する場合前に続いていた任意保険の等級が下がり保険料の額が増えることがあります。

そういったようなケースでは「中断証明書」を出してもらうようにする必要があるんです。

この「中断証明書」があれば10年までは中断前の等級を継続することが可能です。

また13ヶ月以内ならば発行することができますのでもし既にクルマを売却済みで、「中断証明書」というものを発行していないのであれば任意保険の代理店にその旨をお伝えください。

もしもあなたが他のクルマを購入することになってそれから前に保有していた愛車を廃車してもらうのでしたら、任意保険の契約は一方のみのになります。

保険の更新ということになりますから、運転をする予定の自動車ならば売却までには注意しなければなりません。

そして任意保険という保険は車の種類など次第で額が違ってくるので、車買い取りの際は任意保険そのものを見直してみる好機と考えられます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.taotao76.com All Rights Reserved.