トップイメージ
この任意保険というものは強制保険になっている自賠責保険とは別に自賠責保険ではカバーされない補償を考慮している必須ともいえる保険です。これは任意の保険については自動車損害賠償責任保険の上乗せということで働きますので、自賠責保険でまかなえる限度額を上回ったときに役立ちます。それから、自賠責保険には物に対する損害については補償を受けることができないので、その部分をカバーするためには入るのがいいと思います。現段階で任意保険を納めている車を売る時は国産車とか輸入車などことは関係なく残っているお金が返ってきます。国産自動車を処分するケースについても同じです。自動車損害賠償責任保険の場合、普通はそのままにしておくのが通例になっていますが任意保険の場合、誰でも加入するものではありませんから契約解除ということになります。それから解約をすればすでに 納付済みの残存金額が返金されるのです。中古車取引が決定したと言ってもすぐさま保険を解約するのは危険です。当たり前ですがすぐさま中途解約してしまえばその分返還されるお金は多くなりますがもしかしたら中古車店が遠くにあり自分で運んで行くということになった場合には任意保険に加入していない状態で車の運転をすることになります。もしもの時に備えて、万が一にもこれから自動車の運転をすることはない状況になる時まで任意保険のキャンセルの手続きはすることがないようにしなければなりません。愛車を処分して、またすぐに新しい車種に買い換える場合でしたら問題ないと思いますがしばらく運転をしないような状態が続き任意保険の必要がなくなってしまったら任意保険に入っていない時がある場合、過去に継続していた等級が下がるので保険料の額が上がります。このケースは「中断証明書」という書類を発行してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」を使えば10年まで遡って解約前の任意保険の等級を引き継いで加入することが可能です。これは13ヶ月以内であれば出してもらうことができますから、既に愛車を売られていて、「中断証明書」という書類を発行してもらっていないケースでは、その保険会社や保険代理店にその旨を伝えてください。もしも自分が他のクルマを購入することになって購入したあとで前に乗っていたクルマを廃車に出すのならば、任意保険の加入はどちらか一方のみの契約となります。切り替えという対応ですから、運転する必要がある自動車だとしたら引き取りまで注意が必要です。また任意保険というのは排気量や車種次第で金額が多少変化してくるので愛車売却時は任意保険の保険料を検討してみるタイミングといえます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.taotao76.com All Rights Reserved.