トップイメージ
自動車重量税、略して重量税は、国産自動車やドイツ車など車の生産国や電気自動車、ステーションワゴンなど車体も関係なく、たとえばスズキやメルセデスベンツ、などにも一般的に負担が必要なもののことをいいます。新車登録をする時あるいは車検に出す時に払わなければいけないものです。その額は対象となる愛車の大きさ毎に決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」は完全に異なるものなのできちんと学んで混同しないようにしなければなりません。「自動車重量税とはクルマの大きさで」「自動車税は自動車の排気量によって」税額が異なります。そして買取時の扱いも変わりますので注意が必要です。自動車を買い取ってもらうときには支払った車の税金がいくら残っていたとしてもその金額が還ってくることはないです。一方自動車税の時は、支払った金額を売却額に乗せてくれるケースがあるものの重量税については足されるような場合はほとんどありません。重量税というのは、車を売るときに納付済みの税額があるとはいえ自動車の買い取り業者側でその事実が材料になることはまずないと思います。ですので次の支払い、要は車検まで処分するのを少し保留し査定に出すという手段がベストと思います。中古車買取の時は考慮されないのが重量税ですが、ある場合でしたら返還されることがあります。このケースは、車検が残存しているクルマを廃車として処理するケースです。要は廃車申請をすれば、残存期間に応じて額が返ってきます。ただし、自動車の買取の場合はその自動車が廃車されるわけではないので返ってきません。またクルマの名義を変更したケースや盗難にあった際も返金してもらうことは不可能です。自動車重量税が残っているクルマを買い取るイコール、要は車検期間がまだあるクルマということです。その辺りを買取側も計算に入れますから重量税の残存期間があればそこそこ買取額が増えることでしょう。もちろん査定額は店次第で変わりますが車検期間がまだあることを考慮していただければ、売却する自動車の買取額と比べるとそこまで損をするということもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.taotao76.com All Rights Reserved.